トリイミュージック

新型コロナウイルスの流行により、手洗いや消毒の重要性が広く認知されました。
ドアノブや手すりなど、手で触れる箇所のアルコール消毒も一般的に行われるようになりましたが、手で触らないといけない楽器はどう消毒すればいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

楽器別に消毒方法、それに伴う注意点をご紹介いたします。

消毒液の種類

一時は品切れが相次ぎ中々手に入らなかった消毒液。
そのおかげか、コロナ流行以前に比べて消毒液の製品が多く並ぶようになりました。

そもそも、成分の違いによって効果は変わってくるのでしょうか?

一般的に流通している消毒液の多くは「アルコール」もしくは「エタノール」と表記されています。
実は意外と知られていませんが、消毒成分のアルコールとはエタノール成分のことを指します。

アルコール成分として「イソプロパノール」という消毒成分が市販薬として売られています。
こちらも70%以上の濃度でコロナウイルスに効果的とする報告がありますが、匂いがきつく、エタノールよりも脂を落とす作用が強く手が荒れやすいなどの欠点があるようです。

また、ジェルタイプのものなどは保湿成分の「グリセリン」が含まれているものが多く、揮発性がなくベタベタした感触が残ってしまうので、楽器用にも演奏前の使用にもあまりおすすめできません。

新型コロナウイルスに有効な消毒剤として、

◆界面活性剤入り中性洗剤

◆次亜塩素酸ナトリウム

◆エタノール

これらを厚生労働省および経済産業省が有効性を認めています。

使用方法は、溶液を染み込ませて固く絞った柔らかい布でまず拭きます。
5分間置き、その後水を染み込ませて固く絞った柔らかい布で水拭きします。
さらに乾拭きをすれば完了です。

ヴァイオリン・チェロ

ヴァイオリン、チェロなどの弦楽器は、どの消毒液もNGです。

バイオリンは1丁?1本? 各紙で表記バラつき、ヤマハに聞くと...: J ...

ヴァイオリンやチェロは、弦の振動が駒を通って表板・裏板に伝わり、ボディが共鳴して、特有の豊かで華やかな音が生まれます。
とても繊細なつくりのため、本体・弓ともに、消毒液は厳禁です!

楽器に触れる前の手指消毒を徹底してください。

ギター・ベース

エレキギター・アコースティックギター・エレキベースの本体は、界面活性剤入り中性洗剤で消毒ができます。
ただし、弦につかないようにご注意ください。

エタノール・次亜塩素酸ナトリウムはNGです。

ギターアンプも界面活性剤入り中性洗剤で消毒が可能です。
アンプは外装が機種によって様々なのでご注意ください。
手で触る部分はこまめに拭くようにしましょう。