トリイミュージック

   体験教室にご来場のお母さんから「私に音楽経験が無いのですが大丈夫でしょうか?」とのご不安をよくうかがいます。ご家庭で練習する際に子供さんに教えてあげられないとレッスンについていけないとお考えの方は意外に多いようです。

   でもヤマハ音楽教室『4歳・5歳の幼児科』では、ご家庭でお母さんが教えていただく必要はございませんので音楽の経験がなくても大丈夫です。

 

親に音楽経験が無くても大丈夫です。

・ヤマハは自然に楽しく弾けるようになります

    楽譜を読んで鍵盤を弾くということは幼児にとってはかなり難しいことです。そういったレッスンならば確かにご家庭で教えていただく必要があるかも知れません。

    しかしヤマハ音楽教室『幼児科』では、いきなり弾いたりいたしません。まず、その曲を聴いて~歌詞を歌って~ドレミで歌って、それからようやく鍵盤を弾きます。
 
 このステップは子供が日本語をマスターする順番と同じです。お子さまが日本語を覚えた時と同じように、自然に楽しみながら弾けるようになるのがヤマハ音楽教室『幼児科』の特長です。

 また、ご家庭視聴用のヤマハ専用のCDとDVDをご用意しております。CD教材には、「幼児科」専用に録音された音源を使用しています。

 特にレパートリー曲は、ロイヤルフィルハーモニー管弦楽団やロンドン交響楽団など、世界でも一流のオーケストラの演奏です。幼児にも質の高い音楽を聴かせたいという、ヤマハならではのこだわりです。

 これらの中に歌ったり弾いたりする曲が収録されているので、いずれ弾く曲を自然に覚え、歌えるようになっていきます。

 実際にお通いのお母さま方は「家や車で鳴らしたり一緒に歌っていると、いざ鍵盤を弾く時に、とても楽に感じる」とおっしゃいます。


 

・自己表現と創作力がやる気を育てる原動力

  お母さんが教えてあげられると、確かに一時的に早く上達できるように見えます。しかしそれはいつまでも続きません。

 そもそも音楽は誰かの真似をしてそれで終わりというものではありません。自分でこう弾きたい、こう感じた、だからこう工夫して弾いた・・・という自己表現と創作が楽しいのです。これが子供たちの”やる気の原動力”です。

   壁にぶつかった時、いつでも助けてあげていると、美しい音色の出し方などの表現力や、自ら気づき、創作するチャンスを見過ごすことにもなりかねません。

 ヤマハ音楽教室には、『ジュニアオリジナルコンサート』という表現力と創作力を伸ばす独自カリキュラムがあり、お子様のやる気を育てる環境が整っています。

mysong_main_image2018

ジュニアオリジナルコンサート活動のひとつ「ぼくのうた、わたしのうた」

 

教えるよりも大切な親のかかわり

   ご家庭で教えていただく必要はございませんが、ご家族、特にレッスンに同伴いただくお母さまには次のことにご理解、ご協力いただくとよりお子さんが楽しく音楽の力が身につきやすくなります。

・お子さんの気持ちに共感してください

   息の長いお稽古ですからうまく行かないこともあるでしょう。周りのお友達と比べる気持ちが湧くかもしれません。ですが決してその場の出来不出来を指摘するのではなく、出来た時には一緒に喜び、出来ない時にはお子さんの辛い気持ちを一緒に感じてあげてください。

   お子さんは、お母さんは気持ちがわかってくれるのだと感じると自己肯定感が成長し、難しいことや不安なことに対してチャレンジしてみようという心が育ちます。

・CDやDVDを活用してください

 すべてのはじまりは、音楽を聴くところからです。でもご自分でCDを鳴らすお子さんは決して多くはありません。ここは是非お母さんのお力添えをお願いしております。

 例えば、送迎やお買物に出かける車中とか、本の読み聞かせをする際のBGM代わりにだとか、色んなシーンでCDをかけてあげてください。

 また、DVDはお子さんが大好きなアニメやCGを盛り込んだ楽しい内容となっておりますので是非ご活用下さい。「その歌、知っている!」とレッスン時に言える子は、総じて弾けるのも早いです。

 

・些細なことでも先生に相談してください

   高い音楽力が必要な講師資格試験をパスしたヤマハ音楽教室講師は、指導力向上のため研修、講習を受けながら常に自己研鑽を続けています。お子さまの音楽指導はお任せください。

   そして少しでも気になること、分からないことがございましたら些細なことでも遠慮なさらず先生にご相談ください。

お子さんの気持ちに寄り添う大事さ

   お子さんは、お母さんに教えてほしいと思っていません。出来た時に認めてくれ、辛いときにその気持ちを汲んでくれる、共感者でいてほしいと願っています。先生の代わりに教える必要はありません。

   でも、お子さんが向かっているピアノという楽器や音楽に興味と関心を持ち続けてください。お母さんが好きなことであれば子供も興味を持ちやすいですし、それはきっとお子さんの成長をより深く楽しむ材料となることでしょう。

 

滋賀県大津市・高島市のヤマハ音楽教室トリイミュージックのホームページ