トリイミュージック

 この記事では、『グループレッスン3つのメリット』をご紹介します。

 4歳・5歳のお子様をお持ちで、これからピアノを習わせようと考え中のお母さん。ピアノを習うには先生とお子様のマンツーマンレッスン(個人レッスン)一択しかないとお考えかも知れません。

 音楽(含むピアノ)を学ぶレッスン形態にはグループレッスンもあるのですが、そのメリットは「お友達と一緒だから楽しい」という表面的なものだけではないのです。

 ここではグループレッスンの持つ本当のメリットをすべてお伝えします。

 

 

・メリット1:音楽体験とステージの豊富さ

アンサンブル体験が出来ます

「元気な音だよね」「素敵な響きでしょう?」幼児科のレッスンではよく聴いて歌い、弾くことを繰り返す中で、音感を身につけていきます。

 「この曲ってこんな感じ」と音楽を感じとる心が育ち、自分の音も、お友だちの音も聴きとることができるようになります。

 やがてその力は1曲をメンバー全員で演奏する合奏(アンサンブル)へと進化していきます。一人だと到底演奏できないような複雑で難しい曲でもグループなら可能です。

 毎年アンサンブルの発表会があり、その成果を大きなホールで味わうことが出来るのもグループレッスンの魅力です。

 

様々な音楽に触れます

 ピアノ個人レッスンだと、クラシックである、バイエル、ブルクミュラー、ソナチネ、ソナタなどのピアノ曲が中心になります。

 グループレッスンももちろんクラシックを学びますが、エレクトーンで様々な楽器の音色をみんなで合わせて弾く体験をするので、ジャンルやレパートリーの幅が広くなります。

 世界中の様々な時代の色々なスタイルの曲を体験するのもグループならではの体験です。

創作活動(JOC)体験が出来ます

 ジュニアオリジナルコンサート(JOC)は、世界中のヤマハ音楽教室で学ぶ子どもたちが、心に感じたことを曲にし、自ら演奏するコンサートです。

 作曲と言うととても難しそうに聞こえますが、はじめは替え歌(曲)だったり、物語をみんなで作ったりすることから創作の楽しさを体験して行きます。

 音楽の楽しさは、実はこの『自己表現』と『創作性』です。それは習い始めたばかりの子供たちも同じです。

 幼児科の2年間のうちに、『ぼくのうた、わたしのうた』という作詞・作曲体験もしてまいりますが、一人では大変なことでも、みんなの力を合わせれば素敵な歌が出来るという創作体験をするためで、その発表会も行っております。

 

mysong_main_image2018

ジュニアオリジナルコンサート活動のひとつ「第5回ぼくのうた、わたしのうた」

・メリット2:総合的な音楽力が成長します

総合的音楽力とは何か

 ヤマハ音楽教室が4歳・5歳でめざすのは、一生音楽を楽しむために必要な基礎力・・・それは「音楽を聴いて感動できる心」「音楽的に聴ける耳」「自分を表現したいという意欲」を養うことことで付く力。これを総合的音楽力と言います。

 生涯にわたって、好きな音楽を、好きな時に、好きなだけ、好きな楽器で、誰とでも一緒に楽しめる力です。

 それは、『聴く力』『歌う力』『弾く力』『読む力』『創る力』から成り立っており、この順番で学ぶことで身につくと考えられています。ちょうど、子供が日本語を使えるようになるまでのステップと同じです。

 それを受けて開講直後のレッスンでは、鍵盤を弾いたり楽譜を読むことよりも、まず「先生の演奏やCDの音楽をしっかり聴き、それをまねして歌う」ということが重点的におこなわれます。

 そのことを通して培われた音楽的な耳の力や表現力が、その後の鍵盤演奏や読譜の体験を、より深く、充実したものにしてくれるのです。

 そしてこれは音楽的耳の発達著しいこの時期が一番効果が上がると考えられています。(下図参照)

グループレッスンが有利な理由

 例えば『歌のレッスン』といっても色々な要素があります。「歌詞唱」では、豊かなイメージにあふれた歌詞つきの曲をお友だちや保護者といっしょに歌い、まず音楽の楽しさを、そして「正しい音程の」「きれいな声で」「表情豊かに」歌うことを学んでいきます。

 一方の「メロディー暗唱」は、先生が弾いたり歌ったりするメロディーを皆で真似してドレミで歌います。どちらもひとりで歌うより、お友達と一緒の方が楽しく学習効果も上がります。

 『弾くレッスン』でも、両手で弾くのが難しい曲を、短く区分けしてバトンタッチしながら弾きつなぐ『リレー奏』。右手と左手のパートを交互に弾いたり合わせたりする『分担奏』。やがては一曲をメンバー全員で演奏するアンサンブルへと進化していきます。

 先生の弾いたピアノの音を鍵盤を見ないで答える『音当て』も、最初は誰もわからない様子から、わかる子が一人、また一人と増えていきます。周りの子の真似をすることから学ぶのです。『お友達もみんな先生』。グループレッスンならではのシーンです。

 

・メリット3:人間力が成長します。

 

達成感・集中力・協調性・個性と責任感

 音楽の楽しさをお友だちと共有できるのはグループレッスンならでは。刺激し合うことで自主性や意欲を引きだし、協調性や社会性も育ちます。

 隣の子が弾く音色や表現を聴いて、「それも素敵だけれど私ならこう弾く」と、相手を尊重しながらも生まれてくる自分らしさ(個性)。しっかり練習していかないとアンサンブルが仕上がらないという気持ち(責任感)も生まれます。

 音を合わせるには相当の集中力が必要ですが、曲が完成して大きなホールでたくさんのお客さんに聴いてもらえると達成感と感動を親子で味わうことが出来ます。

ライバルの存在がやる気を出す

 グループレッスンの楽しさを実感、みんなで一緒にがんばろうとする意欲やよい意味での競争意識が芽生えてきます。くじけそうな時も、「〇〇ちゃんも続けているから」と、レッスンに来てくれる子供さんもいます。

自己肯定感が育ちます。

・自己肯定感とは?

 自己肯定感とは自己価値に関する感覚であり、自分が自分についてどう考え、どう感じているかによって決まる感覚です。

 そのままの自分を認め受け入れ、自分を尊重し、自己価値を感じて自らの全存在を肯定する「自己肯定感」の感覚は、何ができるか、何を持っているか、人と比べて優れているかどうかで自分を評価するのではなく、そのままの自分を認める感覚であり、「自分は大切な存在だ」「自分はかけがえのない存在」だと思える心の状態が土台となります。

 この感覚を持てると、自分を尊重するように、他者や周りも尊重できます。すると他者からも尊重され、お互いに尊重し合える関係が作れます。

 

・なぜ自己肯定感が大事なのか

 自己肯定感が高い子どもは、自分のことを大切に思い、周囲からも大事にされていると感じているため、失敗よりも成功を強く意識して前向きにチャレンジしたり、壁にぶつかっても立ち向かっていくことができます。

 また、人と積極的に関わり、他者や環境を受け入れ、良好な人間関係を築いていける傾向にあるのです。自己肯定力が高まると感情が安定し、物事を肯定的に捉え、何事にも意欲的になれます。「自己肯定力」は自己を信頼できる自信の源となります。

・なぜグループレッスンは自己肯定感が育ちやすいのか

 年少ごろまでのお子さんは、ママ・パパと一緒に歌ったり、体を動かすことが楽しい時期ですが、4~5歳になると、少しずつまわりのお友だちが目に入るようになるようです。

 「あの子が頑張っているから自分も頑張ろう!」と刺激を受けたり、一緒に歌ったり、演奏したりすることを楽しめるようになります。

 小学生はさらにお友だちを強く意識するようになります。「Aくんは鍵盤が得意で、Bちゃんはダンスが上手、私は歌が得意」というふうに、グループレッスンはお互いの長所を認め合うことで、音楽の力だけではなく、自己肯定感もはぐくまれやすいのです。

 

 

集団や人前が大丈夫に・・・・

 

 グループレッスンで、周囲の音をよく聞いてから自分の音を出す経験をすることで、物事の全体を見渡すバランス感覚が自然に身についていきます。

 グループレッスンの経験があると、公園で初めて会った子たちと遊ぶとき、幼稚園、保育園、小学校に上がったときなども気後れせずになじむことができるでしょう。

 大勢の前でもハッキリと自分の意見を言えるようになった、発表会や受験などのときに、失敗を恐れずにチャレンジする度胸がついたという声もあります。

 

滋賀県大津市・高島市の幼児のグループレッスンヤマハ音楽教室トリイミュージックのホームページ