トリイミュージック

2019年度最新子どもの習い事ランキングでも上位の【ピアノ】。
その人気は昔も今も変わらず、文芸系の習い事では定番と言えるでしょう。

Embed from Getty Images

時代が変わっても支持される【ピアノ】。

ピアノを習うことによってどんな能力が身につくのでしょう。
実は知らない方も多いのではないでしょうか?

ヤマハ音楽教室を運営する当社が考える、弾けるだけじゃない、ピアノを習うことによって成長が期待できる能力をご紹介いたします。

 

先を読む力

Embed from Getty Images

楽譜を見ながら弾くとき人は、少し先を読みながら演奏します。
単純な話ですが、常に先を見ていないと音楽は止まってしまいます。
楽譜では常に先を行きながら、指先を動かす。
簡単なようでいて、実は結構難しいんです。

しかも楽譜には、音符だけではなく、様々な記号や音楽要素が記されています。
音読のように言葉を口に出せば良いだけでなく、複数の情報を読み取り指を動かすという、高度な技が必要です。

東大生にはピアノ経験者が多いという統計もあるように、見た目以上に頭を使わないと演奏はできません。

 

思考力を育てる

Embed from Getty Images

2020年、【プログラミング教育】が小学校で必修化されます。
学習指導要領の改訂により、様々な教科・学年で【プログラミング教育】が取り入れられます。

プログラミング学習では、現代に即した知識・判断力・学ぶ力・人間性などを育てることが狙いです。

現代の子ども達にとってパソコンやインターネット、スマホ、タブレットなどは、生活においてとても身近なもの。
そんな時代を生きる子供達に必要不可欠な力が【思考力】です。

思考力が育つと、様々なシーンで役に立ちます。
トラブルに対して冷静に対応できる力、臨機応変なコミュニケーション能力など、
生活の質を高め、円満な人間関係を築くことができます。

ではこの【思考力】、どうすれば伸びるのでしょうか。

これをひとつやれば大丈夫!というものではなく、多方面からのアプローチが必要です。
その中でも、複数の作業を同時に進行する訓練が有効のようです。

ピアノは、楽譜を読む・自分の音を聴く・指を動かす・感情を込める…
まさに様々な動作を同時に進行しなけばなりません。

無意識のうちに、思考力を育てることにもつながっているのです。

 

創造力を育てる

Embed from Getty Images

ピアノは、ただ弾くだけでは素晴らしい演奏にはなりません。

曲の背景を想像し、感情を込めて演奏する。
人々に共感し感動してもらえる演奏は、ただ単にテクニックだけでは成り立たないのです。

ヤマハ音楽教室では、未就学児の内から『曲を創る』ことを経験していきます。
最初は歌詞を創るところから、次にメロディー、最終的にはひとりで作曲出来る能力を身につけていきます。

無から有を生み出すことはとても難しいですが、想像を膨らませ、それを形に出来る力=創造力を、音楽を通して育てていきます。

 

 

いかがでしたか。

昔も今も変わらず人気の習い事には理由があります。
現代の子供達にこそ身につけて欲しい力ばかりですね。